ニュースレター

<Vol.1> 2013年4月11日

ごあいさつ

こんにちは。株式会社ブリッジメイトの鈴木です。

株式会社ブリッジメイトを設立してから、まだ一度もちゃんとしたメッセージを発信できていなかったので、まずは会社設立の経緯からお話しさせてもらいたいと思います。

以前、日本のある会社のコンサルで、海外企業に買収された後の事業統合の支援をしていました。

そのクライアントは、数十年日本で事業を行ってきた中規模の会社で、いわばアットホームな感じの職場であったのですが、買収した海外企業の新しい文化・環境に即座に対応していかなくてはならず、長きに親しんできた仕事のやり方を捨てて、自ら大きく変革しなければならなかったのです。

クライアント先の多くの従業員が将来の立場やキャリアに不安を感じていた中、自分の外資系での経験をクライアントにアドバイスしたところとても喜んでくれたんです。

クライアントにとっては、周りで何が起きているのかわからないうちに、事がどんどん決まってどうにもならなくなってしまうという不安があったと思うんですが、業務を通して将来の方向性を決めるための必要な時間と心の余裕を持ってもらうことができました。海外企業による買収では、被買収企業の従業員にメンタルなケアを行うことは、通常のコンサル業務を超えた大きな付加価値になると思いました。

また同じような状況にある人たちを助けたいと思いました。